スタディサプリ導入

お知らせ

今年から学舎QUESTでは、生徒の学習補助のためにスタディサプリを導入しています。

今までは、塾で学習を行い分からない所、難しく感じるところを生徒が質問し理解を深めながら解決していく指導を行っていました。

しかし従来の方法ですと、週に2回の生徒、3回の生徒で学習時間にバラツキがあり同じように指導していても伸びる速度に違いがあり、家庭での勉強量を増やす為宿題を多く出したり、来塾した際の学習時間を多くして対応してきました。

そこで、少しでも生徒の学習時間の増加、より質の高い指導のため今年からスタディサプリを導入しました。

生徒の弱点把握の補助としてスタサプを活用します

まず、はじめにスタサプを導入したからと言って生徒が自主的に学習することは、正直期待していません。

それが、出来る生徒は塾に通わずに自分で勉強したほうが実力が身に付きます。

学舎QUESTでは、生徒の弱点把握のためにスタサプを活用し、来塾した際の理解の定着アップにつなげる指導を行っています。

実際にスタサプを使ってみて良いと感じるところは、単元が細かく設定されており、生徒がどこで躓いているのか、また目標とするレベルに到達するためにやらないといけないことが明確であることです。

生徒の立場からも、1つの講義の時間が短く、講座を聞いて直ぐに理解できているのかの確認が出来るので、塾に来た時に効率よく質問が出来ます。

塾の方では、生徒がどれだけ学習しているのか、どこを間違えているのかと言った塾以外での生徒の学習を把握できるのでこれまで以上に生徒一人一人の実力に合わせた指導が可能となります。

生徒が理解できていない所の範囲をより正確に把握し、それに関連する指導をより高い精度を持って指導に当たることが出来るので、生徒は塾に来ている時間はすべて理解する時間に充てる事が出来ます。 

塾で演習するのではなく、理解するために塾を活用することが目標!

理想は生徒が塾以外の日でも予習・復習なり学習を進めていき、塾での時間は難しく感じた所、理解できない所を沢山質問して理解するために使う事が現時点の目標です。

そのために、学舎QUESTとしても家庭での学習習慣を少しづつ増やし、今まで以上に塾での質問を増やしていく雰囲気づくりが大切となります。

お家での家庭学習が難しい生徒は週5回QUESTに来てその場で学んで、すぐに質問することも出来ます。

生徒が塾以外でも学習意欲を持って取り組んでいけるように今まで以上にコミュニケーションを密に取っていく必要があります。

スタサプ導入にあたっての環境づくり

お家にネット環境が無い生徒にも対応するために塾の方でもタブレット、Wi-Fi環境を作っていますのでどんどん活用してください!